記事一覧

日記




木製パネルに直接描いてみて、何かしら手応えを感じています。
最初描いたのは装飾的だったのですが、どうも気に入らず初めからやり直し。

今、現実と共にあるような、今を見据えた作品を描きたい気持ちが強くあり、
自分の中では装飾的な部分というのは影を潜めています。


作品の無駄をなくして対象物を絞ることは、鑑賞者にも訴える力が
強くなります。どういう意味か、などの疑問が増えると思うんです。

綺麗とか、この花は○○だ、という安易な答えだけに逃げれない。
問いかける作品を創りたいと思うのです。
関連記事

ホームページ

ウェブショップ

プロフィール

鈴木匠子

Author:鈴木匠子
Suzuki Shoko

画家・イラストレーター
千葉在住 

アクリル・透明水彩・ペンなどのアナログ制作をメインに、
デジタルも使用しています。

twitter
facebook
contact

リンク/作品を載せているサイト

お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索

ご注意

※当ブログ内の画像、文章の無断使用・転載を禁じます。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ブログランキング

QRCODE

QR
このページのトップへ