記事一覧

●日記/出番が多くなってきた、ダーマトグラフ


作品制作時に段々と出番の多くなってきた、紙巻き色鉛筆の三菱油性ダーマトグラフ。

ガラスや金属にも書ける、少しクレヨンのような描き味に似ていて、気に入ってます。

水彩色鉛筆もやや強い描き味ですが、ダーマトのほうが油性感が強い感じです。
水彩絵の具で描いた上に強い白線が欲しい時、ダーマトの白は、くっきり色味が出てくれてなかなか良いです。
ただ芯はぶっといので、細かい作業には向きませんが、大きい作品になら良いかもしれません。

私はA4サイズの紙に、クレヨンのような使い方でガスガス描いてしまいます。


DSC05394_20170704195707836.jpg

↑ 芯がなくなってきたら、紐を引っ張っぱってクルクルと紙を剥いていきます


DSC05398_201707041957080a7.jpg

↑ こちらはサクラクーピーペンシル。クーピーっていう響きが懐かしい。

小学4年生ころ、近所の人から頂いたものです。大人になっても、あまり使っていません。

子供の頃、お行儀よく使っていたわけでなく、親が当時何を思ったのか「6年生まで使っちゃだめ」という
クーピー使用禁止令があり、それをひたすら6年生まで守ってたという・・

しかも6年生になったらクーピーの熱もさめてるという、なんとも言えないこの存在感に、
私は見るたび少し切なくなるわけです。

これが出番になる日がくるのか、わからず。今は度々ダーマトを愛用しています。


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
鈴木匠子 / Suzuki Shoko
HP:http://shouko.jimdo.com/
twitter:https://twitter.com/suzuki_shoko111
オリジナル雑貨 Creema:https://www.creema.jp/c/zuzugi
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━


関連記事

ホームページ

ウェブショップ

プロフィール

鈴木匠子

Author:鈴木匠子
Suzuki Shoko

画家・イラストレーター
千葉在住 

アクリル・透明水彩・ペンなどのアナログ制作をメインに、
デジタルも使用しています。

twitter
facebook
contact

リンク/作品を載せているサイト

お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索

ご注意

※当ブログ内の画像、文章の無断使用・転載を禁じます。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ブログランキング

QRCODE

QR
このページのトップへ